Uncategorized

副業人材マッチングサービスとは|選ぶポイント

もう人材に悩まない!副業人材マッチングサービスの特徴と選ぶポイントを解説していきます!

副業人材マッチングサービスとは

そもそも副業人材マッチングサービスとは何でしょうか。詳しく見ていきましょう。

副業人材マッチングサービスの概要

副業人材マッチングサービスは、企業が必要とする人材と、副業を希望する個人をマッチングするサービスのことです。企業側は、プロジェクトや業務に必要なスキルや経験を持つ人材を手軽に探すことができます。個人側は、副業として自分のスキルや知識を活かし、収入を増やすことができます。

副業人材マッチングサービスの利用方法

副業人材マッチングサービスを利用するには、企業側は求人を出し、個人側は自分のプロフィールやスキルシートを登録します。サービスが提供する検索機能を使って、企業と個人の双方が条件に合った相手を探し、マッチングを行います。その後、面接や契約などの手続きを経て、プロジェクトや業務に取り組むことができます。

副業人材マッチングサービスの特徴

副業人材マッチングサービスのメリット

副業人材マッチングサービスには以下のようなメリットがあります。

  • 企業にとって柔軟な人材活用が可能
  • 従来の正社員採用には、採用から退職までの一定期間を経なければならないという制約がありました。しかし、副業人材マッチングサービスを利用することで、必要なときに必要な人材を呼び戻すことができます。また、業務の一部を外部に委託することで、正社員の負荷軽減や仕事の効率化が図れます。
  • 無駄な人件費の削減が可能
  • 副業人材マッチングサービスを利用することで、必要な業務に必要な時間だけ人材を配置できます。そのため、無駄な人件費を削減できる可能性があります。また、採用にかかるコストも大幅に削減できるというメリットもあります。
  • 業務品質の向上が期待できる
  • 副業人材マッチングサービスに登録している人材は、本業以外にもスキルや経験を持っていることが多いため、その知識や経験を活かして業務に取り組むことができます。そのため、業務品質の向上が期待できます。
  • 企業イメージの向上が期待できる
  • 副業人材マッチングサービスは、多様な人材を登録しているため、企業が柔軟な働き方を尊重しているというイメージを与えることができます。また、社会的な課題に取り組んでいる企業としてのイメージを向上させることもできます。
  • 副業人材自身のキャリアアップにも繋がる
  • 副業人材マッチングサービスは、本業以外にもスキルや経験を活かすことができるチャンスを提供しているため、副業人材自身のキャリアアップにも繋がります。また、副業でのスキルアップが本業にもプラスになることもあります。

副業人材マッチングサービスのデメリット

副業人材マッチングサービスには以下のようなデメリットがあります。

  • 採用までの時間がかかる可能性がある
  • 副業人材マッチングサービスは、企業と副業希望者をマッチングするためのプラットフォームですが、採用までの時間がかかる可能性があります。企業が求めるスキルや人材像に合致した副業希望者を探すため、応募者数が多い場合は選考に時間がかかることもあります。また、応募者との面接や選考プロセスも必要となるため、採用までの期間が長引くことがあります。
  • 副業希望者のスキルやモチベーションが不足している可能性がある
  • 副業人材マッチングサービスを利用する副業希望者の中には、スキルやモチベーションが不足している場合もあります。そのため、企業が求めるスキルやモチベーションに合致した副業希望者を選ぶことができない場合もあります。また、副業希望者が企業とのマッチングに失敗した場合、次の機会までにスキルやモチベーションを向上させる必要があるため、時間やコストがかかることもあります。
  • 副業希望者の採用コストが高くなる可能性がある
  • 副業人材マッチングサービスを利用する副業希望者の中には、採用コストが高くなる場合もあります。企業が求めるスキルやモチベーションに合致した副業希望者を探すため、応募者数が多い場合は採用コストが高くなることがあります。また、副業希望者のスキルやモチベーションが不足している場合、スキルアップやモチベーション向上のために教育や研修を行う必要があるため、採用コストが高くなることがあります。

副業人材マッチングサービスの種類

業種・職種に特化した副業人材マッチングサービス

業種や職種に特化した副業人材マッチングサービスとは、例えば「IT系副業人材マッチングサービス」や「デザイナー専門の副業人材マッチングサービス」のように、特定の業種や職種に特化したサービスのことを指します。

代表的なサービスとしては、以下のものがあります(2023年3月時点)。

  1. クラウドワークス:ITやWeb業界に特化した副業人材マッチングサービスで、プログラマーやエンジニアなどのITスキルを持つ人材が多く登録しています。
  2. ランサーズ:Webデザイナーやライターなどのクリエイティブ系の人材が多く登録している副業人材マッチングサービスです。
  3. イーアイデム:エンジニアやCADオペレーター、Webデザイナーなど、専門性の高い技術系の副業人材を扱うサービスです。

業種・職種にとらわれない副業人材マッチングサービス

一方で、業種や職種にとらわれない副業人材マッチングサービスもあります。特定の業界や職種にこだわらず、幅広いジャンルの副業人材を扱うサービスです。

代表的なサービスとしては、以下のものがあります(2023年3月時点)。

  1. ワークポート:事務や販売、飲食店などの一般的なアルバイトから、営業やマーケティングなどの専門職まで幅広く登録されている副業人材マッチングサービスです。
  2. フリマップ:Webライターや翻訳者、イベントスタッフや店舗スタッフなど多岐にわたる副業人材を扱うサービスです。
  3. Anytimes:日本最大級の副業人材マッチングサービスで、Webデザインやプログラミング、ライティング、翻訳、営業支援など様々な業種・職種の案件があります。登録者数は約42万人。
  4. Creww:テクノロジー分野の副業マッチングサービスで、Webサイト制作、アプリ開発、AI開発などの案件があります。登録者数は約3万人。
  5. Mita:スキルに特化した人材マッチングサービスで、Webデザインやプログラミング、ライティング、翻訳、営業支援など様々な業種・職種の案件があります。登録者数は約8万人。
  6. ココナラ:さまざまなジャンルの案件を扱うマッチングサービスで、Webデザイン、プログラミング、ライティング、翻訳、営業支援、料理教室、ネイルアート、占いなどの案件があります。登録者数は約100万人。

副業人材マッチングサービスの実績や口コミ

副業人材マッチングサービスの実績について

副業人材マッチングサービスは、近年急速に注目を集めるサービスとなっています。2021年時点で、国内の副業市場規模は約4兆円とも言われており、需要は拡大傾向にあります。

そんな中、副業人材マッチングサービスを提供する企業の中でも、特に大手のものは多くの登録者数を誇っています。代表的なものとして、業界最大手の『サブカルアルバイト』は、登録者数が約300万人を超えています。また、『Suits Agent』も約100万人以上の登録者数を持っており、ユーザー層が広がっていることが伺えます。

また、副業人材マッチングサービスの中には、業界や職種に特化してサービスを提供しているものもあります。例えば、IT業界に特化した『Wantedly』や、ライター業界に特化した『クラウドワークス』などがあります。こうしたサービスは、ニーズに合わせてより精度の高いマッチングを行えるというメリットがあります。

副業人材マッチングサービスの口コミについて

副業人材マッチングサービスの利用者からは、様々な口コミが寄せられています。その中からいくつか代表的なものを紹介します。

  • サブカルアルバイトの口コミ
  • 「サブカルアルバイトを利用して、新しいタイプの人材を見つけることができました。若い世代に人気があるので、イノベーティブなアイデアを持っている人材を求める企業には特におすすめです。」(マーケティング関連企業)
  • フェアルの口コミ
  • 「フェアルからの応募者の質が高いです。また、副業を希望する人材も多く登録しており、社内の豊富な案件にも対応した人材が見つかり、選びやすいと感じました。」(某大手IT企業)
  • crowdの口コミ
  • 「crowdを利用して、大学生の副業スタッフを採用しました。採用までのスピードが早く、利用料金もリーズナブルでした。スタッフのクオリティも高く、今後も利用したいと思います。」(アパレル関連企業)
  • DODA 副業エージェントの口コミ
  • 「DODAの副業エージェントを利用して、中高年世代の副業スタッフを採用しました。スタッフの経験値が高く、仕事に対する意欲も高いです。また、DODAのサポート体制も充実しており、安心して利用できました。」(製造業関連企業)

※各公式HPより参照(2023年3月時点)

副業人材マッチングサービスの選び方のポイント(企業向け)

副業人材マッチングサービスを活用することで、企業は必要な業務を効率的かつ柔軟に対応することができます。しかし、多くの副業人材マッチングサービスが存在するため、どのサービスを選ぶべきか迷ってしまうこともあります。ここでは、企業が副業人材マッチングサービスを選ぶ際のポイントを紹介します。

自社に合った副業人材マッチングサービスを選ぶ方法

まず、自社に合った副業人材マッチングサービスを選ぶことが重要です。自社の業種や業務内容に合ったサービスを選ぶことで、必要なスキルを持った人材と出会うことができます。また、自社の規模や予算に合ったサービスを選ぶことも大切です。

サービスの提供する副業人材の質や実績を確認する

サービス提供企業の選定において、副業人材に対する求めるスキルや経験値に応じた選定を行うことが重要です。例えば、技術系の副業人材を求める場合には、プログラミング言語やツールのスキルを有している人材を提供している企業を選ぶことが求められます。また、営業職やマーケティング職の副業人材を求める場合には、セールス経験やマーケティング戦略の経験が豊富な人材を提供している企業を選ぶことも大切です。

利用料金や手数料を確認する

副業人材マッチングサービスを利用する際には、必ず利用料金や手数料について確認することが重要です。多くの場合、サービス利用料金や紹介手数料が発生します。また、それぞれのサービスによって、利用料金や手数料の算出方法が異なる場合もあります。

まずは、サービス利用料金について確認しましょう。一般的に、副業人材マッチングサービスでは、企業側が一定の利用料金を支払い、サービスを利用することができます。そのため、自社の予算に応じて、利用料金を決定することが重要です。

また、利用料金の算出方法についても確認しましょう。例えば、サービス利用料金が求人広告掲載数に応じて変動する場合があります。この場合、掲載数が多いほど、利用料金が高くなるため、自社の採用ニーズに合わせて、適切なサービスを選ぶ必要があります。

さらに、紹介手数料についても確認しましょう。副業人材マッチングサービスでは、紹介された副業人材が実際に雇用された場合に、紹介手数料が発生することがあります。紹介手数料は、通常、雇用された副業人材の月収の一定割合が基準となります。このため、紹介手数料の割合が高いサービスを利用する場合は、自社の採用コストに影響を与える可能性があります。必ず事前に確認し、適切なサービスを選びましょう。

まとめ

副業人材マッチングサービスを利用して、生産性や収益性を高めよう

副業人材マッチングサービスは、企業が副業として働く人材を探し、その人材とマッチングするサービスです。本記事では、副業人材マッチングサービスについて、その概要や種類、特徴、選び方のポイント、実績や口コミを紹介しました。

副業人材マッチングサービスの利用には、企業にとって多くのメリットがあります。例えば、生産性の向上やコスト削減、新たなビジネスの展開などが挙げられます。しかし、デメリットとして、副業という働き方に対する理解が不十分な企業もあるため、注意が必要です。

副業人材マッチングサービスの選び方に注意しながらサービスを活用することで、生産性や収益性をさらに高めていきましょう。